こんにちは、ウシジマです。

今回は転売防止の対策を転売屋の私がまとめてみたと言う記事になります。

免許持ってても違法になるジャンルも有りますので(県の迷惑条例に引っかかったりとか)、気をつけていきたいところですねー。

違法になるものはだいたいチケット転売。

以前こんな記事を書いたことが有ります。

チケット転売の年収から見る問題点をプロが解説したよ

年収1000万以上のチケット転売屋さんの事例をまとめたものですね。

稼ぎ方から、その合法性までを網羅した力作です。

是非、読んでみて下さい。

で、このチケット転売なんですが、数枚程度なら問題にはならないんですよ。

数十枚単位でアイドルコンサートのチケットを転売していると条例に引っかかって検挙される可能性があります。

大体は運営側が通報していますね。

J-CASTニュースが16年9月15日に北海道警に取材したところ、事件はこんなあらましだった。女は15年11月4日から12月20日にかけ4回にわたりインターネットサイトを使って札幌市の女性など3人に「嵐」のコンサートチケット5枚を販売した。道警保安課やサイバー犯罪対策課の合同捜査で、古物営業法違反(無許可営業)の疑いで16年9月14日午前に逮捕した。

https://www.j-cast.com/2016/09/15278258.html?p=all

というような感じで定期的にやり玉に上がっています。

チケット転売は危ないんでやめた方がいいですよ・・・。

免許持ってても条例で引っかかる可能性があるので。

データベースでチケットの番号と個人情報を管理されていて、会場の入場時にそれらを照合する様なシステムがあれば、殆ど撲滅されますし、それをすり抜けるだけの抜け道を見つけたとしても、逮捕スレスレの行動ですし、やってて楽しくないですよ。

稼ぐのなら堂々とクリーンに稼いでいくのがビジネスってものでしょう。

物品の転売は基本的に合法

例えば、ですが、一時期アマゾン転売というアマゾンでアカウントを取得して他のお店で買ってきた商品を高値で売るという商売が流行っていた時期があるんです。

これがまあ儲かるんですね。

意味不明なぐらい儲かるんです。

実店舗から買ってきて利益を出すということも出来ますし、インターネット上の商品をそのまま転売するということも出来ます。

古物免許持ってれば100%合法です。

ただ、お店側が独自の基準を儲けている場合というのが有ります。

例えばヨドバシカメラ。

家電屋(ヨドバシ)でプレミア商品を1日27個買ったら売り場のリーダーらしき店員に『お客さん、いい加減にしてください。次買ったら出入り禁止にしますよ』って言われたんですが、無視してフロアを変えて買っていたら、スーツを着た社員が3人くらい出てきて、ダッシュで追いかけてきました。捕まったらグループ全店出入り禁止になるかもしれないと思ってこっちも全速力で逃げたんですけど、それ以来監視カメラの顔写真がレジ裏に貼られたみたいで、店員を変えても買えなくなりました。

https://nikkan-spa.jp/1382566/2

他にもヨドバシカメラは、ネットショップ版の規制でも厳しいことで有名です。

他の店舗であれば複数買いできるところを、淀橋の公式サイトからではせいぜい換えて2個3個です。

それ以上は転売目的として判断され、アカウントが凍結され、それまでに保有していたポイントや個人情報は全て抹消されます。

当然ブラックリスト入りです。

他の店舗ではココまで厳しくはないのですが、こういう実情があるということも知っておいて下さい。

転売を長く続けるために。

これはあくまでも個人の主観ですが、「転売は人生の基本」だと思っています。

車を買うときも土地を買うときも、将来値上がりするものを買ったほうが圧倒的にお得じゃないですか。

ゲームソフトの転売でも、フィギュアの転売でも、過去よりも未来のほうが値上がりする商品を手元においていくのですから、基本は全部同じなんですよ。

みんなが目をつけていない段階で将来注目が集まって価格が上がるものに投資していく。

それが転売です。

株でもFXでも全部そうですよね。

未来に値上がりするから得するんです。

この原則を腑に落としただけで滅茶苦茶生きやすくなると思いますよ。