こんにちは、ウシジマです。

今回はリサイクルショップの商品を転売して利益が出る理由についての考察記事になります。

何故転売が可能になるのかを考えてみる。

ネット物販の販路で代表的なのは「ヤフオク・ebay・アマゾン」が主だと思います。

リサイクルショップで代表的なのは2ndstreet、bookoffですよね。

リサイクルショップで買ってネットで売って利益が出る商品がなぜ利益が出る商品になっているのか、あなたが考えたことがあるでしょうか。

  • ライバルが増えて飽和するんじゃないか
  • 稼げるのは今だけで時間が立てば稼げなくなるんじゃないか
  • 長く続けられないんじゃないか

こういう疑問を持ったことはないでしょうか。

利益商品が利益商品になるメカニズムを性格に理解することができれば、このような疑問を全て解決することが出来ます。

KDCでスキャンしてモノレートを参照するだけでは決して到達できない世界がそこにはあります。

「稼ぎ続けられるんだな」という確信が得られるからです。

「確信」があれば「安定感」が出ます。

安定感が出ればその分だけ売上がたちます。

やってることが同じでも視点の高さが違えば、そこからもたらされるものも大きく変わってくるのです。

利益のカラクリを紐解くキーワードは「来客数」。

例えば、ですが、オークションで物を高く売りたいなら、そのオークションに参加している人の数を増やすということが一番の課題ですよね。

見ている人の数が多くなれば、それだけ競りが盛り上がりますし、競りが盛り上がるほど高く売れる可能性が高まります。

例えばヤフーオークションのページですと、

このようにして、入札件数が表示されています。

人気の商品になればなるほど、お客さんの中で「最もお金を出せる人の購入金額」が大きく跳ね上がっていくわけですから、商品に興味を持ってくれる人は多ければ多いほどいいんです。

10人全員が予算1万円というわけではありませんからね。

予算が8000円の人もいれば、15000円の人だっているわけですよ。

競りが盛り上がってくるほど、上限1万5000円の人が1万5000円近くまで入札してくれる可能性が高まります。

これが「高く売れるカラクリ」です。

その商品を見ている人の母数が大きくなればなるほど、その商品が高く売れる可能性も大幅に上がっていくんです。

リサイクルショップ(実店舗)vsアマゾン(世界最大のネットショップ)

ココまでわかれば、実店舗で仕入れた商品が何故アマゾンやオークションで高く売れるのかという「セドリ史上最大の謎」を容易に理解することが出来ます。

リサイクルショップよりもアマゾンのほうが見ている人の数が多いから、です。

  • 生産停止になっている商品が何故利益商品となりやすいのか
  • ネットでは売り切れとなってい る商品が何故実店舗で見つかるのか
  • プレミア化が起こる理由

こういった「利益商品」を見つけるときに使われる「目利きのテクニック」の根底にある原理原則が、

実店舗でその商品を見ている人よりもアマゾンでその商品を見ている人のほうが多いから利益が出る、と言うところに基づいているわけです。

ココまでくればどういう商品をどういうタイミングでリサーチスべきなのか、ということも自ずとわかってきますよね。

amazonで転売するときに役立つ売れ筋リストの作り方

利益の源泉とお金のカラクリ

抽象度がココまで上がってくれば、輸入だろうと輸出だろうと国内転売であろうと、ありとあらゆる物販ビジネスで利益が出せるはずです。

少なくとも「しっかりやればどれでも行けるなー」という感覚はモテるはずです。

これが「視点の高さ」がもたらしてくれる最大の恩恵ですよ。

どれでも稼げちゃうんだ、っていう。

こういう感覚が「安定感」につながっていくんです。

何があっても稼げる力ってことです。

稼げてもバブルで終わっちゃ意味ありません。

「いつも世界の何処かで必ず起きているバブルに上手に乗れる人」になりましょう。

それまでは稼いでも勉強代として投資スべき。

たまに遊ぶのは良いけれども「学びのある遊び」にしてくださいね。

そうすれば経験がお金を読んで、お金が経験を呼ぶという最高のスパイラルに入れます。

上がったことが成功なんじゃないですよ。

「上がり続けること」が成功なんです。