こんにちは、ウシジマです。

今回はネットビジネスで成功する秘訣について、ですね。

何事にもコツってあるんですよ。

今回はそのコツをご紹介します。

成功できると信じ続けられる環境に身を置く。

意志力が強い人は一人でも構いませんよ。

ただ、多くの人がなんの結果も進捗もなく頑張り続けられる期間って長くて2~3ヶ月ぐらいじゃないでしょうか。

身近に結果を出している人がいなければ、長くは続けられないというのが人間なのですね。

別に月収で100万とかそういう話ではなく普通のサラリーマンでも同じです。

初めて入った会社が外れだったら、「自分は社会人に向いてないのかな」とか思っちゃうじゃないですか。

逆に上司や同僚に恵まれていれば、多少仕事ができない人であっても、時間が立つに連れて一人前になっていきますよね?

それが人間ってものですよ。

身近にいる人次第で、できる人になったり、できない人になったり、するのが人間なのですね。

ましてや「ネットビジネス」ですよ。

パソコンの前でカタカタやっているだけのビジネスで2ヶ月も3ヶ月も結果が出なければ、ほぼ全員「詐欺だ」とか「稼げるなんて有りえない」とか言って去っていくでしょう。

ネットビジネスってそういう業界なんですよ。

辞めていくのが当たり前、続けられないのが当たり前、それがネットビジネスの世界なのです。

だからこそ、「身近にデキる人がいる」ということがこの業界では大きなアドバンテージになるわけです。

それこそ、100人中3人とか4人ぐらいにしか与えられない大きなアドバンテージですよ。

それだけ「信じる力」がもたらしてくれる優位性は大きなものなんですね。

ビジネスとは何かを知る。

そして、もう一つ、ネットビジネスを成功させていく上で重要なことが有ります。

それは「ビジネスとは何か」を知るということです。

ネットビジネスとネットワークビジネスには決定的な違いがある

こちらの記事でも書きましたが「見知らぬ他人からお金をもらうスキル」がビジネススキルなんです。

融資を受けるということもそうですし、リピーターや新規の顧客を抱えるということもそうです。

ネットビジネスだろうが実業のビジネスだろうがそれは変わりません。

客を呼び込んで客からお金を取るのがビジネスなのです。

ココ外してしまったらあなたがやっていることはただの趣味でありボランティアですよ。

PDCAをひたすら回していく。

ある程度アクセスが集まり売り上げが立ち始めたのなら、「改善」のサイクルに入ることができます。

売上を伸ばす上でどこがボトルネックになっているのか、アクセスを伸ばしていく上で何が障害になっているのかを分析できるフェーズに入ってくるのですね。

ココまでくれば、ビジネスって楽しいものですよ。

やればやるほどデータが溜まってきますし、データが溜まってくれば来るほど、結果も出やすくなります。

行動した人が勝つということが体感でわかってくるのですっげー楽しいんですよね。

特にネットビジネスの場合は「数字で計れる要素」がものすごく多いので、理系的な人は、圧倒言う間に結果を出していきます。

文系であっても、考え方さえ学んでいれば違いはないのでご安心下さい。

このフェーズまでくればやればやっただけ結果が出るはずですよ。