こんにちは、ウシジマです。

今回はネットビジネスの現状を赤裸々に語っていくという趣旨で記事を書いていきたいと思います。

ネットビジネスの実力者たちを見極める。

年収1億超えてる実力者って、まあ大抵は有名人ばかりですよ。

無名で稼いでいる人って少ないです。

  • 和佐大輔さん
  • 木坂健宣さん
  • 原田翔太さん
  • 川島和正さん

このあたりはネットでビジネスをしている人であれば全委員名前ぐらいは聞いたことがあるかと思います。

全員年収1億プレイヤーですよ。

断言できます。

銀行口座を直接見せてもらったことはありませんが、先ず間違いなくそれぐらいは稼いでいると思いますよ。

やっていることを見ればわかるのですよ。

月間検索数10万人のところに網を張るビジネスモデル

例えば、ですが、

これは「国家資格」と言うキーワードをグーグルから公式に提供されているツールで検索数を調べてみたものです。

このデータでは「国家資格」と言うキーワードが1万~10万ほど、月間で検索されているワードとなっていることがわかると思います。

このキーワード+派生キーワードを抑えることができれば、毎月1万人以上の人に見られるという計算になるわけですよ。

この1万人に対してオファーという網を張っていく行為が「ネットビジネス」なのです。

1万人に届く文章を書く。

仮に1日の検索数が100回だとして、そういう記事を100記事書けば、検索エンジン上では1万人の人目に触れることになります。

1000記事書けば、10万回。

つまり、ただブログを更新し続けるだけで何万何十万という人目に触れることが可能なのです。

仮に検索エンジン経由でクリックされる回数が月に1万回であれば、毎月1万人の人が「あなたのブログという広告」を見続けることになります。

毎月1万人の新規顧客があなたの店を訪れるのです。

これがブログのポテンシャルです。

この1万人2万人の見込み客に対していろんな角度からオファーを投げていくビジネスが「ネットビジネス」なのです。

集客が成功した先にある世界。

例えば、個人の名前でブログを書いていた場合。

1万人2万人単位で集客ができるのであれば、その集団に声をかけるだけで200人から300人ぐらいの人が集まることになります。

あなたの個人の名前でそれだけの人が集まるようになります。

常時200~300ぐらいの人に信頼されるのですね。

勿論、会社の名前でブログを運営していれば、会社の名前がそれだけの信頼を持つということになりますし、商品のブランドを元に情報を発信していれば商品のブランドの下に信頼が帰属するということになります。

信頼の帰属先を自由自在にコントロールできるスキルがネットビジネスを極めた先にある「境地」なのですね。

極め甲斐があると思いますよ。