こんにちは、ウシジマです。

ネットビジネスというはたから見ればなんだかよくわからないビジネスの仕組みを今回は公開することにしました。

私は仕事柄いろいろな人と接する機会が多いのですが、みんな「ネットビジネス」というと「よくわからん」と言う感じなのですね(笑。

「怪しい」「儲かる」「凄いね」などなど、人によって反応は様々なわけですが、「サイト運営」、「転売」という視点に限って言えば、基本的な仕組み(儲かる仕組み)は全て同じですので、それを公開したいと思います。

グーグルで一日に検索される回数がいくつぐらいかご存知ですか?

https://searchengineland.com/google-now-handles-2-999-trillion-searches-per-year-250247

グーグルの年間検索数はおおよそ2兆回と言われています。

あくまでも最低の推計ですので、実際はこの数倍~10倍程度と言われています。

5兆回、10兆回と検索されている可能性もあるでしょう。

正確な数字は「グーグルのみぞ知る」と言うところですが、いずれにせよ、「兆」と言う単位でお客さんが訪れている媒体がグーグルという媒体なのです。

年間2兆人の来客数を誇るショッピングモール

つまり、ネットビジネス(サイト運営)というのは2兆人のお客さんの中から、商品を買ってもらうビジネスのことを指すわけですね。

ものすごい可能性を秘めているわけです。

この2兆人の中からより多くの信頼を獲得し、より多くの商品を売っていくための方法それが、

  • SEO対策
  • ストーリテリング
  • デザイン
  • コピーライティング
  • セールス
  • コンセプトメイキング

というノウハウとして体系化されているわけです。

セールス・コピーライティングで言えば、

のような教材が有名ですし、

ストーリテリングやコンセプトメイキングと言う分野であれば

などが有名です。

有料・無料を問わず、コンサルティングや書籍と言ったサービスの形を問わず、こういったノウハウはすべて「2兆人のお客さんの中から上手にお金をもらうための技術」なのです。

SEO、コピーライティング、プログラミング、マーケティング、セールス、一体どれを極めれば良いのか。

こう見てみると、ネットビジネスというビジネスを軌道に乗せていくためのスキルは膨大なものになるということがわかると思います。

ブログを運営する丈でも

  • SEO対策の基礎知識
  • コピーライティングの基礎知識
  • ウェブデザインの基礎知識
  • マーケティングの基礎知識
  • セールスの基礎知識

これだけの「知識・スキル」が要求されるのです。

パソコンでカタカタやっているだけのお気楽な仕事であるというイメージが強いネットビジネスですが、裏側を見ていると意外と大変なのですね。

この全ての要素が噛み合った時、「不労所得」となります。

たまーにサイトを更新するだけで月収百万円という世界がリアルに浮かび上がってくるのですね。

それまではPDCAの連続です。

  • アクセスが集まっても、全然売れないから、セールスレターの文章を直したり、
  • 売れて入るけど、セールスページに来る人が少ないから、集客部分を手直ししたり
  • 単価が低いからサービスを手厚くして、売上単価を上げてみたり
  • 新しい分野に進出するために、大量の書籍をアマゾンで買ってみたり

などなど、「失敗と改善の連続」が「ブログ運営」なのですね。

普段あなたが見ているサイトで「売れているサイト」にはものすごい数の工夫が重ねられているというわけなのです。

そして、その中で「選りすぐりのノウハウ」が「コンサルティング・書籍・情報商材・企画」として販売されているというのですね。

中には全くの偽物もありますが(笑。

大体はまともなものです。

これが「ネットビジネス」と呼ばれるものの全体像です。

基本的なことは全て公開しましたので、後は進んでいただければと思います。

それでは!