こんにちは、ウシジマです。

今回はネットビジネスに於ける「本物」についての考察記事になります。

どの世界でもまずはじめに「本物」に触れるということが成功への第一歩です。

一番のショートカットです。

まずはじめに稼げて当たり前という事実を知らなければならない。

人がいる場所でお金を取ること、それが商売です。

ネットビジネスであればyoutubeであれブログであれSNSであれ、特定のジャンルに関心を向けている人が一定数必ずいます。

  • 恋愛
  • お金儲け
  • 投資
  • 受験

それぞれのトピックで悩みや疑問を抱えた人が日々情報の収集ツールとしてSNSや検索エンジンを利用しているのです。

グーグルであればそれが

でキーワードを打ち込むことによってそのキーワードの検索ボリュームがデーターとして取得することが出来ます。

こんな感じです。

ツイッターであれば、

こんな感じです。

ツイートの内容ごとに、検索のキーワードごとにどれくらいの人がそのキーワードやツイートに興味を持っているかということが数字で計測できるのですね。

で、画像を見てもらえればわかると思うのですが、何千回何万回と検索されているわけですよ。

たったひとつのキーワードで。

検索エンジンの特定のキーワードに何万人と言う人が集まっているんです。

その内の何人かからお金をいただくこと、それが「ネットビジネス」です。

別に街で実店舗構えているのとそんなに変わんないですよね。

ネットだろうとリアルだろうと、結局は人を相手にしているビジネスなんですから。

本物に出会うために・・・。

ネットでビジネスが成り立つという原理を理解していただければ、当然のことながら、「本物はどれなのか」っていうところに関心が向いていきますよね。

無数にあるブログの内のどれかが本物です。

で、のし上がっていくためにはその内のどれが本物なのかを見極めていく必要があるというわけなのです。

一つの指標として参考になるのは

  • アクセス解析ツール
  • 被リンクの数

ですね。

ビジネス系のブログだと他のブログからリンクを貰うということは通常あまりないのですが、ある程度「売れているもの」であれば、それだけ被リンクの数も多いんですよ。

で、被リンクの数というのは

こういうツールを使えば一目瞭然なわけです。

SEOの解析ツールで良質なものは殆どが海外製です。

検索エンジンが海外製で、人口も海外の方が多いので、ネット関係のツールは欧米諸国のもののほうが優れている場合が多いです。

「被リンクの数」という客観的な指標でLPだったりブログだったりをふるいにかけていけば、「ハズレを引く」ということはなくなっていきます。

後はそれを研究するなり写経するなり、ひたすら努力していけばOKです。

方向性を絞るために客観的な数字を利用するのはハズレを引くことがないのでおすすめですよ。

「あなたが」本物になる瞬間・・・。

本物になると人生が滅茶苦茶「楽」です。

嘘つかなくていいし見栄も張らなくていいし、生きてるだけでお金が入ってくるし、ホントいい事づくしなんです。

虚勢を張らず生きていくってすっげー難しいことなんですよ。

例えば恋愛。

旅行はカップルにとっての一大イベンドですよね。

ただ、旅行って瞬間的なイメージアップやセックスの手段としてよく使われるんです。

ようは力の入れどころです。

短期間に奮発していれば、その瞬間は誰でも「羽振りのいい人」になるわけじゃないですか。

で、短期的なイメージアップを上手に繰り返していけば、そのまま結婚まで行っちゃったりも刷るんですよね。怖いことに。

お金持ちだと思って結婚したのに実は借金まみれだったとか、安定している企業に努めていると思ったのに実際はそうでなかったとか、まあよくある話じゃないですか。

見栄で結婚できちゃうんですよ。

見栄で子供が生まれちゃうんですよ。

恐ろしい話ですよねー・・・・。

だからさっさと本物になりましょうって言っているんです。

本物になれば

  • 見栄も張らなくていいし
  • 嘘もつかなくていいし
  • モテますし
  • お金も入ってきますし

良いこと尽くしですよ。

生きるのがめっちゃ楽になります。

「まっとうな努力」が報われると言うのは、とてつもない快楽ですよ。