こんにちは、ウシジマです。

今回はネットビジネスでの失敗談をシェアしたいと思います。

せどりでの失敗。

  • 仕入れミス(一本4万円のインパクトドライバーを日本分間違えて仕入れた・・・
  • 出品ミス(同一型番のマイナーチェンジに気づかなかった・・・
  • 返品処理のミス(開封されている商品を新品として出品した・・・
  • 資金管理のミス(翌月の仕入れが前月の半分以下に・・・
  • 偽物の仕入れ(有名ブランドのイヤホンの偽物。。。。
  • 確定申告のミス(前年度分を保存し忘れた。。。
  • 人間関係のミス(当時セドリを教えてもらっていたセドリの先生と絶縁状態。。。。
  • 価格改定のみ(赤字販売・・・・・。

ざっと上げただけでもこれだけのミスをしています。

改めて振り返ってみると相当ミスってますよね(笑

踏める地雷は全部踏んで進んでいるという感じです。

自分で言っていて悲しくなってきますが(爆

しかし、商売は小さく始めて小さく失敗するというのが基本ですので、そういう意味では王道を歩んできたのかなと思います。

数えだしたらキリがないぐらい失敗していますねー、ホント。

自己評価が下がるのでこの辺で辞めておきます(笑

情報発信での失敗

  • なんの意味もなくブログを立ち上げ、なんの意味もなく記事を消した(労力の無駄・・・
  • 正しいやり方を学ばずがむしゃらに記事を書いていた(時間の無駄・・・・
  • 結果が出ないのを他人のせいにしていた(悪いのはやり方を知らない私でしょ・・・
  • 一日あたりのアクセスに一喜一憂(そんな暇があるなら記事をかけ・・・・
  • キーワード選定ツールを早く買っとけばよかった(効率化できる部分はとっとと効率化しろ・・・・。
  • ドメインを寝かして置かなかった(いきなり初めていきなりアクセスが集まるわけ無いでしょ・・・。
  • ちょっと結果が出たら有頂天になってサボる(早く次の仕組みを作れ・・・モチベは有限なんだから・・・。

めちゃくちゃ失敗していますよねー(笑。

セドリよりも情報発信の方で結果を出す方が個人的には難しかったです。

かなり試行錯誤しましたし、100記事書いてアクセスが10行かなかったときはまじで辞めたくなりましたよ・・・。

いや、うん、だって100記事全部合わせたら15万字ぐらいはあるわけですよ。

1記事15000文字計算で。

そんだけやってアクセスが10行かないってどういうことよって感じじゃないですか(笑

結果的に後からドメインが育ってきて、一日70とか多い日では出るようになりましたが、この不安も知識があればいらないものだったんですよね。

こうしんしはじめてkら 3ヶ月ぐらいは立たないとドメインが育たないって知っていれば完全に不要な心配だったんですよ。

知らないからあたふたしてしまったし、知らないから挫折しそうになった。

近くに教えてくれる人がいればそういうことにはならなかったと思うんですよね。

環境って重要だなーと思います。

マジで重要です。

失敗というハードルを超えて。

ただ、努力だったり行動を繰り返していて思うのは、こういう失敗の一つ一つがおそらく「超えるべき壁」の一つなのですね。

人間の脳は「失敗駆動形」と現代脳科学でわかっているように、失敗することによって、仕組みの回し方や拡張の仕方が身にしみてわかってくるのです。

ココは害虫に任せても大丈夫そうとか、ココは自分がやらなきゃ行けない部分とか、そういう「仕事の勘」みたいなものが育ってくるのですね。

そうすると、組織化のハードルが低くなったり、異業種の人と接するハードルが低くなってきます。

売上や人脈が自然と伸びて広がっていくのですね。

そういう感覚を持って欲しいなーと思います。

自分が成長するに連れて、自分のビジネスも成長していくという感覚を持ってほしいのです。

楽しいですよ!