こんにちは、ウシジマです。

今回はネットビジネスで行なうべき税金対策について、ですね。

なんだかんだ言って、ネット関連のビジネスってものすごく利益が出やすいんですよ。

転売でも、アフィリエイトでも。

そうすると、当然これまで稼いだことのない人が税金対策で、あたふた始めるわけですが、税金対策って基本的には存在しないんですよね。

申し訳ないですが。

そのあたりのカラクリも含めて「税」と言う制度について理解を深めてもらえればと思います。

節税のカラクリ

「節税」というのは「経費を使う」と言う意味なのですね。

経費としてお金を使えば使うほど、法人税として税務署に納める金額が減っていくわけです。

ただ、冷静に考えてみてほしいのですが、いくら経費とは言え、お金というのは使えばなくなるわけですよね。

ビジネスとして会社を回していく以上は、手元に残して置かなければならない現金の金額と言うのはある程度決まっています。

つまり、ビジネスモデルによって「経費として刷れる金額の上限」がある程度決まってくるのです。

仮に法人税が30%で、月の利益が100万円上がっているとしましょう。

何もしなければ手元に残る金額は70万円で30万円税金を払うことになります。

ココで、経費として中古車を50万円で買ったとすれば、100万円ー50万円で手元に残る金額は50万円、そこから税金を引くと35万円手元に残り15万円の税金を支払うことになります。

本来納めるべき30万円の税金が、15万円になったため、一見得をしているように見えるのですが、手元に残る現金の残高もその分だけ減っていますよね?

確かに納める税金は半分になりましたが手元に残る現金も半分になっているわけです。

これが「節税」と呼ばれるものの実態なのですね。

頭を使わずバカスカお金を使ってい取るといずれ首が回らなくなります。

節税できる金額には限度があるのですね。

税のルールを把握した結果見えてくる世界。

勿論、経費として認められるものの中で「換金性の高いもの」というものもあります。

新車の車の中でも数年後に7がけぐらいで売れるものが会ったりしますし、ヴィンテージのカメラなんかも換金性が極めて高いです。

経費として認められるものの中で価値の保存性が高いものを換えば、その分だけ節税することができますよね。

意外と知られていないかもしれませんが、楽器とかカメラみたいなアンティークとして価値のある物品で相応の値段が付くものは、それそのものを資本金として計上して会社を作ることができるんですよ。

ものの価値と言うのは国がその価値を「お金と等価である」と認めるくらい、客観性の高いものなのですね。

そうすると、税の空間、会計の空間というのは、手元にいくらの現金を残しておくべきなのかを把握しつつ、節税しながら、使うべきときに使い、守るべきときにお金を守るゲームのようなものだということがわかってくるはずです。

当然、その中には「小規模共済組合」や「資産価値が保全されやすい車」などの「武器となる知識」が存在していて、そういう知識を一つ一つ獲得していくことで「上手なお金の動かし方」が少しずつ分かってくるのですね。

正しいお金の動かし方を学んで下さい。

それがお金持ちへの第一歩ですよ。