こんにちは、ウシジマです。

今回はネットビジネスとネットワークビジネスの違いについて、記事にしていきます。

この二つを混同している人って、意外と多いんですよね。

ぜんぜん違うものなので、混同しないようにして下さい。

ネットビジネスとネットワークビジネスの間にある決定的な違い。

ネットワークビジネスとは、次のいずれかである。
マルチ商法・MLMなど連鎖販売取引の総称。この用法が多い。
人脈を活用して行なう販売商法である事から。
日本では現実としてマネービジネスの対極の概念として考えると非常に理解が容易である。ネットワークビジネスとはいわゆる「利益」を求めての“経済活動”ではなく「仲間」を求めての“人脈活動”として機能している[要出典]。
※マルチという言葉自体は一般的。(マルチタレント、マルチヒッター、マルチパーキング) ⇔悪徳マルチ(=ねずみ講など、違反行為)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9

一応上がウィキペディアから引っ張ってきたネットワークビジネスの定義です。

注目すべき文言は「マネービジネスの対極の概念として考える」と言う部分ですね。

マネー・ビジネスというのはその名と通り「お金を媒介としたビジネス」のことです。

価値の媒介物として「通貨」を利用し、間接的にお互いが提供しているサービスや生産物を交換し合う経済のことを指します。

ものすごく意外かもしれませんが、ネットワークビジネスは「お金を利用したビジネス」ではないのですね。

ネットワークビジネスとは「もともとあるビジネスとは関係のない信頼関係をお金に変えるビジネス」なんですよ。

見知らぬ人からお金を貰う方法

ビジネスとは、「見知らぬ人からお金をもらう営み」のことです。

これ、基礎基本なのですが、意外と抑えきれていない人が多いので確認しておきます。

飲食業でもITでも、どんな商売でも同じですよ。

「普通であれば全く関わりを持たない人からお金をもらうことがビジネス」です。

初対面の状態からお金をもらうところまで持っていくことをビジネスというのです。

ある程度信頼関係ができてくれば「リピーター」になるでしょうし、関係の構築に失敗すれば一見さんで終わるでしょう。

会社組織の場合は既にお得意さん(取引先)を抱えているから、この辺がぼやけているだけなのですよ。

考えてみれば当たり前のことですが、最初から取引先や既存顧客を抱えていたところなんて一つもありません。

100年200年続いているような老舗の企業でも、最初は必ず「0からのスタート」だったはずなのですね。

全員0からスタートしたにもかかわらず、これだけ格差、差が出ているわけです。

ビジネススキルが低い人がネットワークビジネスに引っかかる。

そう考えてみると何故、ネットワークビジネスというモデルがこれだけ流行っているのか、想像するのはそう難しいことではないと思います。

自分のお客さんを作れない人が、友達や親戚を無理やりお客にするのですね。

お金を取る能力が低いわけです。

その結果、商売とはなんの関係もないところからお金を貪りとろうとするのですね。

つまり、ビジネスができずお金を取る能力を育て用途もしなかった人が行き着く先がネットワークビジネスというわけなのですよ。

破滅の終着点です。

お金を取る必要のない人たちからお金を取れば、今まで自分が築いてきた信頼関係が全て0に帰るので。

友達も恋人も、全員いなくなりますよ。

ビジネスとは真逆の概念がネットワークビジネスなのです。

まっとうなビジネスとは何か。

つまり、「まっとうなビジネス」とは見知らぬ人と信頼関係を構築し、お金をもらうことができる商行為のことを言います。

定義上は、ですが。

勿論中には詐欺的なものがあったり、ちょっと汚いなと思うようなビジネスもありますが、そういうところは基本的に客層の殆どが一見さんなので、別にokだと思うのですよ。

やってる本人がどんどん苦しくなっていくので、どこかで方針を転換せざるを得ないので。

多少汚いなと思うことでも、人間ですから、まあ仕方ないですよ。

売ってる側も売られている側も、全知全能ではないので。

多少抜けてる部分があったり、ちょっとしたミスが合ったとしても人間である以上はしょうがない部分もあります。

ただ、方向性としてまっとうであることがいちばん重要なのですね。

リピーターもできますし。

まっとうな方が長期的に見れば楽になっていくことが多いです。

で、その「見知らぬ人とまっとうなビジネスを展開していくための手段」として「ネットビジネス」というインターネットを利用したビジネスがあるわけです。

インターネットを利用したネットワークビジネスは完全にアウトですが、インターネットを利用したまっとうなビジネスもたくさん展開されているのですね。

要は使い方なのです。

ネットという仕組みを悪く使う人もいれば、よく使う人もいる。

あなたはどちら側ですか?っていうシンプルな話なんですよ。

これがネットビジネスとネットワークビジネスの違いになります。

意外と深いでしょ?(笑

それでは!