こんにちは、ウシジマです。

今回は情報商材を転売してただで手に入れる方法について語ってみたいと思います。

どうも需要があるみたいなので。

しかし、推奨はしませんよ。

辞めといたほうが良いです。

私もやったことありませんし。

契約違反でない実物商品なら転売もOKです。

よく有りますよねー、10万円とかするDVD。

発売日直後にDVDのタイトルをヤフオクで検索すると、転売している人、たくさんいますよ。

9万円とか9万5千円で売っています。

これって、なんでこんなことができるのかというと、データだけ抜いてハードディスクに保存した後に出品しているんですよ。

オークションでの購入者は実質新品と同様のものを定価の1割引きで帰るのでお得ですし、転売する側は転売する側で、実質タダのような値段で商品の「データ」を手に入れられるわけですから双方にメリットが有るのですね。

ただ、唯一損をしている人がいます。

商品の販売者です。

データが抜かれて実質複数の人に商品が回っているのに、購入代金を回収できたのはたったひとりだけ、ですよね。

オークションでの落札者が同じことを繰り返せば、実質無料で手に入れている購入者は3人4人と増えていきます。

これってかなり不公平ですよね。

ただ、そういう世界があるということも知識としては持っておいて下さい。

あなたが商品を売る側になったときにも必ずこういうことになりますので。

定価の10分の1で商品を手に入れる方法

http://infooff.ph/

「インフォオフ」と言うサイトをご存知ですか。

こういうサイトです。

過去に販売された情報商材がデーター化されて、10分の1~100分の1程度の価格で取引されています。

違法スレスレだと思いますが・・・。

サーバーがフィリピンに有り、治外法権状態なのですね。

一応ですが探せばこういうサイトもあります。

建前上は「シェアサイト」なので、インフォオフの運営者が商品をアップロードしているわけではありません。

商品をアップロードしているのは「購入者」です。

その購入者がアップロードしたものをダウンロードするためにインフォオフの運営者に「手数料」としてお金を払っているのですね。

つまり、仕組み上、有責なのは商品をアップロードした人である可能性が高いです。

インフォオフは手数料を取っているだけですし・・・・。

何れにせよグレーですねー。

正規で購入するか人から譲ってもらうってのが一番安全だと思いますよ。