こんにちは、ウシジマです。

今回はアフィリエイトで行っていくべきSEO対策についてお話します。

ぶっちゃけ限りなく答えに近い記事になりますので心して読んで下さいね(笑

記事を投稿していくときの注意点

テーマとコンセプトは、こちらの記事を参考に決めて下さい。

web集客で必ずぶつかるキーワード選定とコンセプトメイキングの矛盾を解決する方法

webのプロが学習塾の集客について真剣に考えてみた。

で、コンセプトを決めたら、次に取り掛かるのは記事の投稿です。

指導者のさじ加減にも依ると思いますが、100記事行くぐらいまでは「適当」で良いと思いますよ。

ツールの使い方はその都度覚えていけばいいです。

大事なのは

  • 価値がどこにあるのかを把握すること
  • そしてその価値をどこでお金に変えるのか考える事

この二つです。

自分の本質的な価値がどこにあるのかがわからなければ、何故そのブログが人に読まれるだけの価値があるブログだと断言できるのでしょうか。

断言できなければ、いつまでたっても「読まれるブログ」にはならないですよ。

読まれる理由を明確化するため+ウェブ集客の基本をマスターするために100記事程度の修練は積んでくださいね、ということです。

記事の魅せ方や構成、サイトのデザインなんかは我々ウェブのプロが担当すればいいだけの話なので、そのあたりはご安心下さい。

自分のビジネスのどの部分に「価値」が存在しているのか、そのコアとなる部分を発掘するために100記事ぐらい自分を見つめる時間が必要だということです。

価値がお金に変わる時

それは、「セールス」をした瞬間なわけですが、アフィリエイトの場合、もっとわかりやすい指標が有ります。

  • 滞在時間
  • pv数

この二つです。

一人あたりのサイト訪問者がどれくらいのページを見てくれるのか。

2ページよりも3ページの方がいいですし、できるのなら5ページや10ページも見てくれていれば、それだけ多くの価値を顧客に提供しているということになります。

滞在時間もながければ長いほうが良いですよね。

メールマガジンをやっているのならその登録率も高ければ高いほど良いです。

何かをアウトプットして、その結果を登録率や滞在時間と言った数字で計ること。

このフィードバックループを大きくしていくことによって、提供できることのできる価値がどんどん上がっていくというわけなのです。

アクセスを増やすときも同じ

あなたのブログを劇的に改善するサーチコンソールの使い方[保存版]

こちらの記事でも描かせて頂きましたがブログのアクセスを上げていくときも基本的には同じです。

記事を投稿して時間が経てば、検索エンジンでの表示回数やクリック率、検索キーワードなどのデータが集まってきますので、そのデーターを見ながら

  • 新規開拓
  • 深掘り
  • 内部リンク対策
  • リライト(記事の修正

を行っていくわけです。

力を入れた記事にも関わらず全く見られていないということであれば、タイトルに入れたキーワードを見直すべきですし、検索エンジンの上位に表示されているのにクリック率が低いのであれば、キーワードをそのままにして、タイトルのニュアンスを変えていく必要があります。

自分のアウトプットを見て、帰ってきた結果を分析して、次の一手を考える。

セールスをして提供した価値をお金に変えるときも、ブログのアクセスをアップさせるときも、基本的な考えは全く同じなんです。

ココが分かるようになれば、ネットビジネスで結果を出せないということはありえないと思いますよ。