こんにちは、ウシジマです。

今回は「アフィリエイトサイトで成果を上げるために必要なPV数を考察する」と言う記事になります。

因果関係が見えるところまでPV数は上げるべき

ネットビジネスを始めたての方に多いのですが、「PV数があれば稼げる」と言うのは必ずしも正しくはありません。

月に数万程度のPV数でも100万、200万と利益を上げているサイトは山のようにありますし、逆に月に数百万PVでも50万円程度しか利益が上がっていないサイトもあります。

まあ、月に数百万もアクセスが有れば、少しテコ入れすれば余裕でしょうが・・・・。

ともかく、アクセス数と収益はある程度関係はあるにせよ、必ずしも比例関係であるとは限らないのです。

その「収益率の差」が何によって決まっているのかというと、そのブログのコンテンツとコンセプトによって決まっています。

例えば、芸能系のコンテンツをたくさん揃えているのであれば、膨大なアクセスが集まってくることは容易に想像がつきますよね。

ただ、芸能系のコンテンツを読んでいる人に向けた広告ってやっぱり限られてきますよ。

コンテンツに応じて集まってくる人の傾向が決まってくるわけですから、膨大なアクセスを集めたところで狙った広告に誘導が出来なければ、全く意味がありませんよね。

しかし、「ある程度のアクセスが無いのであればサイト訪問者の動きに法則性を見出すことも極めた難しい」でしょう。

つまり、自分の実力に応じて「訪問者の動きが推測できるレベルまでPV数は上げていくべき」ということです。

初心者の場合は特に。

PV数という幻想。

ただ、PV数がもっとも重要な指標となることもあります。

それは「アドセンス」などのクリック型広告を採用するケース。

アドセンスはPV数が「命」です。

基本的に一見さん相手のビジネスモデルですから、いかに大量のアクセス(新規顧客)を集めるかが肝になってくるわけです。

ただ、もしこのサイト運営者が「狙った人に狙った商品を売ることができるスキル」を持っていたとしたら、どうでしょう。

クリック型の広告は「サイトに合わせて自動で広告が表示」されます。

つまり「顧客に合わせて広告を最適化する」という仕事を「機械に丸投げ」しているわけです。

ビジネスにおいてもっとも重要な「お金が発生する部分」を「機械任せ」にしているのですから、収益率が高まらなくても文句は言えないでしょう(笑

これが数万PVで月に100万200万と利益を上げているサイトと、数百万PVでようやくその域に達するサイトとの決定的な「差」なのです。

群集心理を理解するために必要なサンプル数

ただ、問題は「スキル」がないことです。

一つのブログに月間で数万アクセス集めるのってけっこう大変なんですよ。

もともとアクセス数の多いジャンルであれば「100記事」ぐらいで集まるのでしょうが、ニッチなカテゴリーだと300記事、500記事ぐらいは普通に要求されます。

仮に1記事2000文字だとして500記事で「5百万字」。

新書一冊が大体10万字ですので、おおよそ500記事で新書50冊分の執筆量になります。

一般人にはきつすぎるでしょう。

しかし、それぐらいまで言ってようやく「広告の最適化作業」に入れるのですよ。

ある程度の人が集まってなければ「サンプルの広告をテストすること」なんてできるはずもありません。

で、その「母数」がある程度揃ってくるのがだいたい1万PVぐらいなのではないかなーということです。

その人の実力に応じて、ということにはなるのですが。

実力のある人は、月に数千PV程度でも十分なのかもしれませんね。

広告を極めた先にある世界。

世の中には「トレンド」というものが有りますよね。

「トレンド」があるところでは、普通の状態では比べ物にならないほどの「アクセス」が集まっています。

もし、その膨大なアクセスに対して「適切な広告」を提示することが出来たなら・・・。

濡れ手に粟の状態ですよ(笑

このステージが「情報発信の究極系」ということですかね。

外注化して仕組み化できれば尚良しです(笑