こんにちは、ウシジマです。

今回は「アフィリエイト業界の未来を明確に語ったよ」ということで、記事を書いていきたいと思います。

良くなる未来、悪くなる未来

アフィリエイト業界の未来を考える上で気になるのは、その未来が、

  • 厳しいものになるのか
  • よりよりモノになるのか

という点です。

別にどの分野の未来でもなんでもそうだと思うのですが(笑

アフィリエイトはインターネットに入ってくる人たちに対してコンテンツを提供し、そのコンテンツによって生まれた信頼をお金に変えていくと言うビジネスモデルのことです。

つまり、「アフィリエイト業界の未来が良くなるのかどうか」というのは、

  • インターネットに入ってくる人がこれから増えていくのかどうか

という点が最も重要となるわけです。

2016年の推計で2兆回ほどです。

順調に伸びていますよね(笑

検索エンジンでの検索数が増えているということは=お客さんの量が増えている、ということなので、「客の数」と言う視点で考えれば、「将来有望な業界」なんではないかなーと思います。

と、なると、次に問題となるのは「商品」ですよね。

ネット上で販売可能な商品がどれくらい増えているのかどうか、ということだと思います。

仮にネット上に流れるお客さんの数が増えているとしても、「扱える商品の数が減っている」のであれば、それは「売上の減少」につながりますよね。

しかし、普通に考えればそんなことはありえないわけです。

お客さんの数が増えるのであれば、それに比例して売上が立っていくということはアタリマエのことでしょう。

ってことは、アフィリエイト業界の未来は「超有望」ですよ(笑

お客さんの数が増え続けて、扱える商品の数が増え続けているんですから。

マーケットを創出する力

最終的に「売れる世界」と言うのは「マーケットを作る力」に直結しています。

自分の中での未来地図に現実の空間を対応させていくと言う力が「稼ぐ力」なのです。

  • 現在だけを見て、そのビジネスをモデリングしていく人
  • 過去のノウハウをとりあえず再現していく人
  • 未来がどうなっていくかを先取りして、ビジネスを作る人

大体、こんな感じでステップアップしていくのが「ビジネスマン」と言う人種です。

上の記事はこのテーマについて詳しく触れているので是非参考にしてみて下さい。

せどりでも、アフィリエイトでも、コンサルティングでも、セミナー事業でも、なんでもそうですよ。

過去を踏まえ、未来を予測し、今この瞬間の現在がある、そういう感覚です。

それが「ビジネス」なんです。

結果が出てくるとめちゃくちゃ楽しいですよ。

是非、こちら側の世界に来てくださいね。