こんにちは、ウシジマです。

今回は「アフィリエイトで必要なブランディングについて考察」ということで記事を書いていきたいと思います。

ブランディングの基礎概念

ブランドと言うと何を思い浮かべるでしょうか。

個人的には「ブランド」と言うのは「信頼」を指すと思っています。

「何らかの効果や結果を保証させてくれるもの=ブランドである」と考えています。

  • このメーカーの製品を買っとけばとりあえず大丈夫
  • ココのものは作りがすごく良い
  • 安くて上手い
  • いつもリラックスできる

などなど、「何らかの効果を保証するもの=ブランド」ということです。

で、アフィリエイトの場合、そのビジネスモデルの性質上「商品にブランド力」は「ない」のですよ。

自社で売れないから「アフィリエイト」に出しているわけです。

集客と販売を通じた「信頼関係の構築」を他の人に丸投げしているモデルがアフィリエイトと言うビジネスモデルなんです。

商品をブランディングしていくプロセス

では、一体「ブランド」というものがどのように出来上がってくるのか、ご存知でしょうか。

私は、ブランディングとは「信頼に答えていくためのプロセス」だと考えています。

商品を買ってその商品が実際に良いものだったから「ブランド」となるのではなく、集客や販売のプロセスが「素晴らしいもの」であるということも「ブランディングの一貫」だと思うのです。

特にネットの場合はその傾向が顕著だと思います。

なぜなら、インターネットショッピングの場合は「実際に手にとって買い物する」ということがないからです。

ネットでの購入の意思決定は全て「文字や画像、動画」の情報で行われます。

つまり「情報」こそが「商品」なわけです。

「ブランドも情報」なんです。

ではその「情報によるブランド」がどのようにして成り立つのか。

それがまさに、

  • 興味をひいて
  • ストーリーを語り
  • 信頼を獲得する

という一連のプロセスに当たるわけです。

美容やダイエット系の商材であれば、

  • 何故効果が出るのか
  • 何故他の方法がダメなのか

という部分を詳細に語っていく必要がありますし、そしてそこに「説得力」を持たせないといけないわけです。

そして、その「共感」や「学び」がそのままその商品や執筆者への「信頼」へとつながるわけなのです。

情報ビジネスにおけるブランド、サイトアフィリエイトにおけるブランド

ただ、我々のような個人が行っていくブランドには「大きく分けて二つのブランディング」が存在します。

  • 継続的なブランディング
  • 単発的なブランディング

の2種類のブランディングです。

サイトアフィリエイトの場合、商品を買ってくれるのは「サイトから来たお客さん」ですよね。

つまり「単発の信頼」を獲得することがサイトアフィリエイトでの一番の狙いになってくるわけです。

それに対して「情報ビジネスに於けるブランディング」の場合。

商品を売って終わりではないんですよ。

自分の人生が続く限り、進化した企画や商品としてプロダクトが出続けるわけですから、「商品で満足してもらうとこまでがブランディング」なんですよね。

サイトアフィリエイトの場合は「買ったあとのことは販売元がやってくれる」わけですけど、情報ビジネスの場合はそうも行きません。

買った後のブランディングも自分でやらないといけないのです。

ココが二つのブランディングを分ける大きな差です。

ただ、どちらのブランディングにせよ、

  • 興味をひいて
  • 信頼を獲得し
  • 成約を得る

という一連のプロセスはどちらも同じですよね。

これが「ブランディング」です。

それでは!