こんにちは、ウシジマです。

今回は「アフィリエイトブログの作り方を初めから丁寧に」ということで記事を書いていきたいと思います。

個人ブランディングと商品ブランディングの違いを詰める

アフィリエイトとは「商品を紹介して購入してもらうための仕組み」のことです。

ただ、突き詰めて考えてみれば「アフィリエイトも自社ブランディング」も全く同じものだと気づきます。

何故企業が商品をアフィリエイトしてほしいのかと言えば「自社で得る力が十分でないから」ですよね。

つまり、商品が売れるような仕組みや販促力と言った者を我々個人事業主や法人の事業主に支払うことで、「自社に足りない販売力をお金で買っている」というわけなのです。

で、この「販売力」がどのようなものかというと、その商品やサービスへの「信頼」のことです。

これぐらいのお金を払えば、これぐらいのことが叶いますよっていう「約束」のことを「信頼」と読んでいるわけなのですね。

で、この信頼の矛先が「アフィリエイト商品」に向いているのか「自分自身」に向いているのかで、

  • 個人ブランディング戦略
  • アフィリエイトマーケティング戦略

の2種類の戦略が生まれてくるというわけなのです。

 アフィリエイトブログの作り方

つまり、「信頼が効率よく商品へと溜まっていくようなブログ」のことを「アフィリエイトブログ」と呼ぶわけです。

そう考えてみると自ずと「正しいアフィリエイトブログの作り方」のようなものが見えてくるのではないかと思います。

  • トラフィックが集まっていること
  • 興味対象が検索キーワードから商品に移っていること

この二つが「稼げるアフィリエイトブログが備えている条件」というです。

一つ目のトラフィックが集まっていることと言うのは単純に「アクセス数が多い」ということです。

アクセスが多ければ商品が成約する可能性がそれだけ増えます。

で、そのアクセスがどこから来るかというと多くのアフィリエイトブログの場合は、

  • 検索エンジン

から来ています。

検索エンジン(グーグル)でのアクセスは、

「キーワードプランナー」と言うツールで調べることが出来ます。

で、キーワードの中には「新しく出てきた競合が少ないワード」と「既存ジャンルのワード」の2つが有ります。

さらに、そのキーワード群の中には「トレンド」と呼ばれるものが有ります。

その時その都度注目が集まっている「ノウハウ」や「ジャンル」のようなものがあるわけです

例えば「ダイエット」で言えば、

  • 朝バナナ
  • サプリメント
  • 糖質制限

などなど、その「時代時代によって流行のものがある」ということなんですね。

で、そういった「トレンド」が発生しているキーワード群(ジャンル)に関して、「キーワードをリサーチしながら記事を書いていきトラフィックを集めていく」というわけです。

一旦キーワードが定まれば、そこから先は、

  • サイト構成
  • 記事内容

の勝負になります。

対象読者の興味を引くようなバナー広告や、検索キーワードから商品へと興味の対象を移していく記事の内容などなど、「興味を移動させるための仕掛け」が多数必要になってくるわけです。

変換効率と最適化作業

そして、広告やコンテンツの数をある程度揃えると、サイトが「回り始める」わけですが、回り始めたあとで必要になってくるのが「広告とコンテンツの最適化作業」です。

  • バナー広告のクリック率測定
  • 既存コンテンツのリライト
  • キーワードの最適化

などなど、「興味の移動の効率」や「メールマガジンの登録効率」などなど、地道なPDCAを回して最適化していく作業が必要になってくるわけです。

この段階までくれば多くのサイトは既に「収益化」ができているのではないかなーと思いますよ。

後はジャンルごとに知識をつけていくということですね。

ダイエットならダイエット、美容なら美容、など、その分野で注目が集まっているところと、ライバルが弱い部分をリサーチしながら一つのサイトを作り上げていくと言う感じです。

あとは、今回の記事で言っている0から10までを全て回していくと言うだけ。

PDCA、PDCAです。

計画を立ててアクションを起こして、その結果をチェックして、ひたすらサイトを回していく。

ただそれだけ。

それが日々の業務内容です。

アフィリエイターはこんな感じで一日を過ごしているんですよ(笑