こんにちは、ウシジマです。

今回は「仕事で人生に疲れた人が見直すべきこと」として記事を書いてみたいと思います。

仕事と人生って、生きている限り切り離せないものなので(例えセミリタイアしたとしても)私自身も私と仕事の関係性を定期的に見直すようにしています。

仕事を通して得たいもの、仕事を通じて成し遂げたいこと。

そういったものを定期的に見直すことによって「生きる目的」が見つかるようになってきます。

「このために生きていたんだ」と思える回数が日に日に増えてくるんです。

仕事の役割

  • ファイナンス
  • 知識習得
  • 生きがい

私が仕事が持つ役割は以上の三つだというふうに考えています。

ファイナンスとしての仕事

ファイナンスは言わずもがな「生きるための仕事」ですよね。

現代の日本で生きていく以上はどうしてもお金が必要ですし、人間として生きていきたいのであればある程度の金額を「衣・食・住」にかけていく必要があります。

そのための糧としての役割を「仕事」というものに求めるのは当然のことですよね。

知識習得としての仕事

2番の「知識習得」については、要するに「キャリアパス」ということです。

その仕事の先にある仕事が何であるのかを考えながら働くということです。

今目の前の仕事が何につながっているのかを考えながら働いていけば、突然食うにに困るということもないでしょう。

将来に対して真剣に向き合ってこその仕事だと思います。

生きがいとしての仕事

3番の段階まで上がってくれば幸せですよねー(笑。

自分の将来のために周りの同僚と競争する必要もなく、(その分野に関しては)新人だからといって必死に勉強に明け暮れるというわけでもなく、周りから必要とされているから働けると言う境地。

自分の使命を自覚して、その使命が周囲の人全員から必要とされている人。

そういう人ってものすごく幸せだと思います。

今の仕事をどうしたいのか?

今この記事を読んでいるあなたは、自分の仕事を見直すと言うじきに入っているのではないかと思います。

どういう経歴でどういう職歴を積んできたかは人それぞれだと思いますが、悩んでいるということは多分、「次の段階へ進むべき時」なのだと思いますよ。

仕事に関する悩みって、解決するのが難しいです。

転職するにしても、今の会社を続けるにしても、独立するにしても、どの選択肢を選ぶにせよ、それ相応の「覚悟」が必要になります。

清水の舞台から飛び下りるぐらいの覚悟が必要です。

ただ、それでも、判断を間違わないための選択基準がなんにでもあるんですよね。

仕事に関する判断でその基準となるものが先程紹介した

  • ファイナンス
  • 知識習得
  • 生きがい

なのです。

将来性が見込めるのであれば、生活費は最低限の仕事でもいいかもしれませんし、お金の問題もクリアして生きがいにもなる仕事に巡りあえればもっと良いですよね。

転職先での知識習得によって、独自の分野で独壇場の立ち位置を確立できるかもしれませんし。

そういった視点から、「今の仕事をどうしたいのか」という風に考えれば、かなり明確に答えが出るんじゃないかなーと思いますよ。