こんにちは、ウシジマです。

僕は起業しているのですが、自分でビジネスを進めているとやっぱり壁が出てくるんですよね。

どれだけ用意周到に準備をしていても、全然どうにもならないことが、なんだかんだ言って必ず起きてきます。

自分だけではどうにもならないときに、もう一歩でも先へ進むために役立つ言葉。

今日はそんな言葉を紹介したいと思います。

辛い時に思い出すと前へ進める言葉

Obstacles are those frightful things you see when you take your eyes off your goals.

-Henry ford-

目標を忘れてしまったときに訪れた困難は本当に怖いものだ。

-ヘンリー・フォード-

その困難・悩みは何故、あなたの目の前に訪れたのか。

それはあなたが前に進んだからなんですよね。

私は起業している身ですが、起業していると何度も心が折れそうになることが有ります。

明日の収入はどうしようとか、お客さんにどんなことを提案しようとか、良くも悪くも悩みだらけなんですよね。

ただ、悩みが悩みになるのは、結局どこかで自分が進むべき道を見誤ったからなんですよね。

目標があって前に進んだから訪れた困難がいつの間にか苦痛に変わってしまっている。

そういうことが人間ってすごく多いんですよ。

最初は望んで始めたことなのに、いつの間にかそれが自分を縛っているということがものすごく多いんです。

何故あなたが今その場所にいるのか、どうしてそこまで進もうと思ったのか。

そういった、一番初めに持った希望をもう一度持ち直すことこそ、私が実践していることです。

私も師に教わったんですけどね(笑

I walk slowly, but I never walk backward.

-Abraham Lincoin-

私の歩みは遅い。しかし、決して止まることはない。

-エイブラハム・リンカーン-

どの世界でもそうだと思いますが、結果を出す人って本当にあっという間に結果を出します。

自分にセンスの欠片もないのかなと疑いたくなるくらい圧倒的な結果を短期間で出すんですよね。

ホント、妬ましいです(笑。

結果を出す側に回ってもそういう認識のギャップと言うのは常々感じることが有ります

夢中で日を過ごしていればいつかはわかる時が来る。

-坂本龍馬-

まさに何かを成した者の意見だなーと思います。

悩んでも苦しんでも、それって結局、夢中になってるってことなんですよね。

それ以外のことは考えられないわけですから。

歩みは遅くとも、しっかりと着実に前へ進んでいるという事実を忘れたくないと思います。

生き方を正してくれる名言集

A goal without a plan is just a wish.

-Antoine de Saint-Exupéry-

計画のない目標はただの願いにすぎない。

-サン=テグジュペリ-

これまた目標に関する名言です。

wishは「願い」というよりも「わがまま」としたほうが適切かもしれませんね。

なんの計画も戦略もない目標はただの「わがまま」だとこの言葉は説いています。

まぁそのとおりですよね。

ただ、私も決して他人事ではなく、「目標」ではなく「願い」を持ってしまうことが往々にしてあります。

よく有ります(笑

願いが目標に変わることもあるわけですが、大体はただの「ないものねだり」ということが多いです。

人間って「ないものねだり」が大好きなんですよね。

まだ十分な努力ができないから手にはいらないのか、そもそも努力をしてないから手にはいらないのかということはよく見直す必要があると思います。

そうすれば自ずと答えが出てくるはずです。

最後に・・・。

今回の記事は私も定期的に見直す必要があると思い執筆した記事になります。

人生ってぶっちゃけ壁だらけなので、前に進めば進むほど、悩みってのは増えていきます。

これまで見えなかった悩みが見えるようになるからです。

ただ「悩みの質の変化」が自分が成長した事の実感でもあります。

自分が前に進んだ確たる証拠は、いつも自分の心の中にあるのです。

それでは!