こんにちは、ウシジマです。

今回は仕事ができない人ヘ向けた鎮魂歌ということで、いくつか解決策を提案していきます。

ぶっちゃけ、わかってしまえば超シンプルなので、改めて人間って面白いなーと思いますよ。

仕事ができない原因

職権などのパワーを背景にして、本来業務の適正な範囲を超えて、継続的に人格や尊厳を侵害する言動を行い、就労者の働く環境を悪化させる、あるいは雇用不安を与える」と初めて定義づけた。[2]その後、マスコミなどで多く取り上げられたこともあり、パワーハラスメントの概念は広く一般に浸透することとなった[要出典]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

上のリンクはウィキペディアのパワーハラスメントの記事になります。

率直に聞きますがあなたが仕事のできない原因は多くの場合「上司」だと思いますよ。

芸術やプログラミングなど、長期間の訓練を必要とする職種以外は、どんな会社のどんな雇用形態であれ、新卒時の教育がしっかりしていれば3年程度で仕事になれるはずです。

それができないという事は、何かしら会社が重大な問題を抱えている可能性が高いです。

実際に脳科学ではこんなデータが出ています。

「強いストレスを感じた状態では人間は何かを学習することはできない」、と。

人間が学習をするときに出ている脳ははα波です。

緊張状態はβ派。

必要以上に仕事を注意したり、人格を傷つけるような発言を繰り返している人であれば、それはβ波が優位の職場ということになります。

そんな会社、こっちからやめればいいんですよ。

β波優位の環境では人は育ちませんし、会社に行くだけでストレスが溜まるような環境ですから、人もあまり居着くはずがありません。

遠からず潰れるのですから、辞めるなら早いほうがいいと思います。

就職を見誤ったケース。

仕事ができない根本的な原因には、実はもう一つだけ、パターンが有ります。

会社が働きやすくて、上司がしっかりしていても、あなたがその上司のようになりたくなかったり、会社が求めてきていることが、あなたのやりたいことと違った場合です。

最高の上司で最高の会社なんだけど、自分自身がそうなりたいわけじゃないっていうとても贅沢な悩みですが、この場合でも「働くのが辛い」という状況に陥ることが有ります。

私自身はどちらのパターンも経験していますが、どっちもきついですよ(笑

早めに対処しないと、会社に行くことそのものがきつくなるぐらいきついです。

ベッドから起きたくないなーみたいな(笑。

この現象は新卒に限った話ではなく、会社に努めて5年10年とたった中堅の社員の方にも多い現象です。

自分の出世の限界が見えてきた頃に起きやすい現象です。

未来に限りが見えた時、他の可能性を模索したくなるのが人間なんですよね。

私も例外ではありませんでした。

モラハラ、パワハラ、ゴール設定。

結局仕事ができないで苦しんでいる人は

  • 会社の環境のせいで、脳が学習できる状態になっていないか
  • 会社の求めることが、自分の理想と離れすぎている場合

のどちらかです。

めちゃくちゃシンプルでしょ?

この二つを見直せば、あなたにとっての「天職」が何であるのか、自ずと見えてくると思いますよ。