こんにちは、ウシジマです。

今回はマイホームについての考えを書いておきたいなぁと思いました。

20代前半の方や、まだ家や土地を購入されていない方向けの記事になります。

既に家を購入された方は嫌悪感を覚える可能性があるため、読まないほうがいいかもしれません。

家計簿に乗るローンの金額。

よく、不動産業者の営業トークに「マイホームは一生モノです」「マイホームは資産になります」なんていう言葉が有りますよね?

全くの嘘です。

マイホームは消費されるもので、基本的に値上がりするものではありません。

歯ブラシやティッシュと同じ消耗品です。

20年程度で使えなくなるものがマイホームと呼ばれるものです。

もちろん、実際に使われなくなるというわけではありませんし、どれくらい長く使えるかは人それぞれでしょうが、税法上は木造の住宅は20年が耐用年数として定められています。

不動産業界でも1戸建ての木造建築は築20年を過ぎれば、価値0として査定されます。

売るときに値段がつくのは土地代だけです。

20年済んだら0円になってしまうものを資産とは呼びません。

トイレットペーパーや、乾電池と同じ消耗品です。

消費するマイホーム、投資するマイホーム

数千万円が20年程度で0円になってしまう投資が、マイホームであるということは既にお分かりいただけたのではないかと思います。

土地代は残りますけど。

ただ、そうすると、価値が下がらないマイホームであれば、相当得をすることになりますよね。

売ったときに買った値段で売れればその間の家賃はタダってことです。

賃貸よりも100%お得です。

こーゆーのを、「資産としてのマイホーム」といいます。

値上がりすれば尚良し、ですよね。

値上がり要因は2つあります。

  • 土地の値段が上がる。
  • 住宅の値段が下がらない。

投資というのは必ず「得をする人」と「損をする人」の二つに別れます。

資産というのも突き詰めれば、「含み損」を抱えた資産と「含み益」を抱えた資産に別れます。

つまり、多くの人が抱えているマイホームと言うのは「含み損」を抱えた資産であるということです。

僕はこれに気がついた時、目の前が真っ暗になりました。

「俺の実家って含み損だったのね・・・」っていう感じです(笑。

あなたのマイホームを査定する方法

新築は住んだ瞬間から中古になります。

具体的な価格で言えば、買った値段の3割り程度が、一日住んだだけで、値下がりします。

買った次の日に売っても70%程度の値段でしか売れないというものがマイホームなのです。

株式投資であればとんでもない話ですよね。

一体誰が翌日に30%以上下落するとわかっている商品を購入するのでしょうか。

少なくとも、マイホームを資産だと思うのであれば、その値段がどれくらい上昇しているのか、どれくらい下落しているのかということを知るべきです。

自分の資産が「含み損」を抱えているのか「含み益」を抱えているのかを知るべきです。

今の価格と将来の価格を予測してこそ「資産としてのマイホーム」と言えるのではないでしょうか。

いくら立派な家を立てても、不動産業者の営業トークに惑わされて、将来的な価値の見積もりもせずに、「夢のマイホーム」を買っていたとしたら、それは二流です。

社会人としては一人前かもしれませんが、ビジネスマンとしては二流です。

お財布の管理者としてはド三流です。

値段が下がらない物に変えるからこそ、お金は使っても減らないわけで、価値が落ちないものにお金を変えることが、「豊かさ」への第一歩なのです。

今日だけの話でも、数千万単位で得をしたと思いますよ。