こんにちは、ウシジマです。

今回は情報発信というビジネスでお金を稼いでいくために必要な知識を、出し惜しみせず公開いたします。

公開しても痛くも痒くもありませんので、存分に盗み取っていただければと思います。

マネタイズの形態

何故、情報発信をすることによって、利益が発生するのでしょうか。

ただ、ブログに記事を投稿するだけで、お金が手に入るのであればこんなに楽な商売はありません。

無論そこにはちゃんとしたカラクリが存在します。

人が集まっているからです。

あなたの情報に何らかの興味や関心を持っている人がそこに集まるからこそ、「きっかけ」が生まれ、有料のものに興味を持ちやすくなってくれるのです。

繁盛しているお店で、賑やかでないお店なんてのは存在しません。

利益を出して、がっぽり儲けている商売というのは、ネットビジネスであれ飲食店であれ、「賑やか」なんです。

人が集まらない場所にお札は集まってきませんし、人がいない場所にお財布はないのです。

つまり、問題は「財布が集まる場所がないこと」と「その財布から気持ちよくお金を出して貰う方法が見つからない」ということが、情報発信をビジネスとして立ち上げるときに問題となる、最大の壁だということです。

そして、ソリューションとして提供されているものが

  • グーグルアドセンス(クリック型広告)
  • アフィリエイトビジネス
  • 自社のサービスの販売

の三つのビジネスになります。

アドセンス(クリック型広告

アドセンス(クリック型広告)とは、グーグルや侍ファクトリーなどが出しているサービスのことで、ブログ上に貼られた、テキストリンクや画像形式のリンクがクリックされたときに報酬が発生するというビジネスのモデルのことです。

  • 貼るだけでいい
  • 広告内容を自分で判断しなくていい
  • アクセスを集めるだけでお金になる

といった、お手軽さから、ブログ初心者の方やネットビジネス初心者のかたには多く愛用されているマネタイズの形式です。

ただ、このアドセンス広告は何よりも「安い」です。

1クリック数十円~100円程度ですから、相当なアクセス数がなければ、お小遣い程度に終わってしまいます。

ひと月に100万人に見られているサイトのアドセンス収入が30万円~50万円程度だと言われているぐらいですから、その現実性のなさには、失望するばかりです。

もし、あなたがグーグルアドセンスのみで食べていきたいのであれば、広告の単価を個別で交渉して上げてもらうか、そもそも広告単価の高いジャンルを集中的に攻めるなどの工夫が必要になってくるでしょう。

グーグルもビジネスとして、この広告を提供しています。

アドセンスを利用して著しい成果を上げた人には当然、待遇が違います。

個別の担当者がついたり、広告単価が跳ね上がったり、普通は教えてもらえないことを教えてもらえたりと、様々な「いいこと」があります。

アドセンスだけで突き詰めていきたいなら、そこまで駆け上がりましょう。

https://www.google.co.jp/adsense/start

アフィリエイトビジネス

アフィリエイトとは、英語で「提携」という言葉で用いられる言葉です。

you are affiliating with my friend(あなたは私の友人と提携している) などというように使います。

ネットビジネスにおけるアフィリエイトというのも全く同じ意味で使われます。

あなたのサイトやあなた個人と提携してくれる企業の商品やサービスをあなたのサイトを通じて紹介し、その報酬を受け取るというビジネスが「アフィリエイト」と呼ばれるビジネスです。

勿論、企業の営業担当がいちいちブログを検索して、ダイレクトメールを送っているというわけではありません。

ASPと呼ばれる広告一括掲載サイトが広告宣伝を求めている企業をリスト化し、そのリストの中から、ブロガーやアフィリエイターと呼ばれる人たちが、売れそうな商品をピックアップするという仕組みになっています。

有名なところで言えば

などが有ります。

アフィリエイトBは美容・ダイエット系、ジャネットは金融商品、カードローン広告に強いなど、それぞれのASPごとに特徴があります。

迷ったらとりあえず最大手のA8に登録しておけば、問題ありません。

広いジャンルの多彩な広告が寄せられていますし、他のサイトと併用しているものも多いので、ココで検索しておけば大きく外すということはないからです。

アフィリエイトビジネスの特徴はその「単価の高さ」にあります。

1件あたり数千円~数万円の案件が多く、アドセンスの10倍~100倍ほどの報酬がたった1件の成約を取るだけで発生するというビジネスがアフィリエイトというビジネスなのです。

ただ、その分だけ、アドセンスビジネスから見れば、難易度は高くなっています。

クリック型の広告と違い、アフィリエイトの場合では

  • 広告を自分で選ばないといけない
  • サイト訪問者にマッチした商品でなければならない
  • 訪問者が訪問した時点での購買欲求が低ければ、記事やブログデザインを通じて「買いやすい雰囲気」を演出しないといけない

などなど、多くの「壁」があり、また、その壁がなかなか超えられず挫折する方が多いビジネスモデルになっています。

しかし、その報酬と言ったら桁違いですし、月に数百万単位で利益を上げているアフィリエイターもたくさんおられます。

3年続けられれば年収1000万と言われているビジネスが、アフィリエイトビジネスです。

データが出ています。

本腰を入れて取り組むに十分な可能性を秘めているといえるのではないでしょうか。

情報ビジネスの最終形態

クリック型広告、アフィリエイト。

このステップを踏んでわかることがあります。

それは、「集客ができて販売ができるのなら、自分だ商品を作っても売れて当たり前」という一つの事実、境地です。

他人の商品が何故売れるのか、なぜ、その記事、人が集まるのか、そういったことを体感的にそして、知識的にも、理解できているのであれば、当然、自分が作ったものでも売れるはずです。

化粧品であれ、サプリメントであれ、コンサルティングであれ、その商品がどんなものであったとしても、ある程度の他者との競合優位性が存在するのなら、必ず売れるはずなのです。

アドセンスで人を集めることを学び、アフィリエイトで商品の販売がどのようなものかということを学んだあなたであればできないはずがありません。

これが、ネットビジネスの最終形態です。

また、この段階まで来て自分のビジネスを回す事ができているのであれば、他の人の情報発信をコンサルティングすることも可能です。

飲食業や士業の方、行政組織の人と関わって仕事をしていくことも十分に可能です。

狙った場所に狙った人たちを集められる力というのは大きな力なのです。

そして、関われる人たちに制限がないのであれば、そこから生まれてくる可能性が無限であると言ううこともまた必然なのではないでしょうか。

どんな業界の、どんな人とでも関われるのですから、当然です。

誰からでも必要とされるスキル、それが集客スキルなのです。

実に極めがいのあるビジネスだと思います。

一生を持って取り組む価値があります。

是非、学んで下さい。