こんにちは、ウシジマです。

今回は情報発信者として重要なもの、このテーマについてお話したいと思います。

続けていけば自然と悟っていくものですが、私が得たものをお話してみたいと思います。

素晴らしい未来を描き続けることの意味

マーケターとは他者の夢をかなえる魔術師です。

ものを売る人は、夢を売る人です。

自分の夢、他人の夢、社会の夢、そういったものをすべて叶えてくれるもの、それが良い人であり、良い商売であるということです。

これが結論です。

自分の夢を描いた時、そこからマネタイズをする方法が自然と出てくるはずなんですよね。

お金がほしい、いい家に住みたい、彼氏・彼女がほしい。

願望は色々あると思いますうが、そういった「利己的な願い」まで含めて、「目標を叶えようとしたときに自然と満たされてくる」ものなんですよね。

「かっこいい人」には、人が集まります。

彼女だったり彼氏だったり、支援者だったり、ビジネスパートナーだったり、種類は様々ですがいろいろな人がたくさん集まってくるんです

あなたの夢に必要な人が必要なだけ集まってくるんですよね。

理想の現実を作り続けること

今までになかったものを作り、今までになかったことを提案する。

顧客にとって新しいものを提供していく。

これが情報発信者として求められるもっとも重要なことです。

顧客が成長すれば他のことは二の次なんですよね。

利益も売上も、成長の先に付随するものです。

変化していれば自然と発生するものなんです。

あなたが変化している限り、周りも変化し続けるのですから、未来に対して不安を抱く必要は皆無なんですよ。

未来を創る側であって欲しい。

これは次回を込めて、なのですが、ビジネスをしている人は全て「作る側の人間」であってほしいと思っています。

新しい知識、新しい常識、新しい商品、新しい世界。

その全てを「作る側」であって欲しいのです。

多くの人に素晴らしい未来を届ける人であってほしいのです。

世界にはまだまだ、不満が溜まっています。

願いが叶わず苦しいんでいる人が大勢いるのです。

その願いを少しでも叶えてあげられるのであれば、是非、叶えてあげて下さい。

相手の望みを叶えることによって儲かるのであれば、これ以上のことはないはずです。

みんなハッピーで、利益もでるのなら最高の商売じゃないですか。

相手も自分も幸せになっている理想の形です。

是非、理想の未来を提案してあげてくださいね。