こんにちは、ウシジマです。

今回は情報発信ビジネスについて、ですね。

挫折する人がめちゃめちゃ多いです。

続かないし結果でないしで、とにかく散々なんですよね。

ウェブマーケティングって。

何故続かないのか?

理由は簡単です。

続けた先に今よりもいい未来が持っていると確信ができなからですよ。

現状維持のほうが楽なんですね。

この業界で大きな結果を出している人は過去に大きな挫折を経験している人がものすごく多いです。

夢に敗れて大きな借金を抱えていたりとか、何をやってもうまく行かず、ベッドから起き上がれさえもしなかった人とか。

すべてを失った人が成功しているというパターンが王道なんです。

そうでもなければ信じられないですよ。

パソコン一つで月収100万円なんて。

それを信じさせるのは多くの場合、自分の人生での大きなイベントがきっかけになっていることが多いってことです。

いくら私が上手に記事を書いたところで、読まない人は絶対に読みませんし、信じない人は絶対に信じません。

そんな「怪しい業界」に対し、輝かしい未来を見れる人物。

周りから見ればタダの変人ですよ。

頭おかしいです。

新卒の代償

いくら育児休暇や幼児施設が整備されたと言っても日本では新卒という肩書は圧倒的です。

特に女性の方で高年収の方は、寿退職後の年収の落差は凄まじいものが有ります

600⇒100万(パート)なんてことはざらにあります。

新卒というレールを外れたあとにどうなるのかは、その人のキャリアパスによって大きく変わるのです。

ある程度大きな会社であれば、それなりのポジションでそれなりの仕事を続けるという選択もありますが、「前に進みたい人」や「そもそも新卒という肩書を生かせなかった人」が歩むキャリアパスというのは非常に厳しいものが有ります。

ぶっちゃけてしまえば、「今の会社を辞めたら年収激減」という人が世の中の大多数なんです。

それが「新卒」という福音であり、また「代償」という言葉の意味なのです。

居場所がないなら作るのが人間

この業界には学歴の高い方も学歴の低い方もイます。

ただ共通して言えるのは、彼らは社会の厳しさを身をもって知っている人間たちだと言うことです。

「新卒カードがない人たち」と言い換えてもいいかもしれません。(ほんの一例ですが)

自分の力でどうにかしないと生きていけなくなった人たちが集まる所、それがこの業界だということです。

夢のある世界ですよ。

中途半端に入ってきて挫折する人も多いですが・・・。

少なくともこのブログでは、挫折しない道のりを示しているつもりです。

考え方や具体的なノウハウまで、かなりの部分を無料で公開しています。

何かを学び取って成果を出している人も多いです。

ただ、誰かの力を借りて成功していった人たちも、当然のことながら、「これまでの人生で多くを失った人たち」でした。

心に傷を抱えながらも、孤独な道を歩むことができる人間。

そういった人間が、この業界で駆け上がることのできる素質を持った人なのです。