こんにちは、ウシジマです。

今回は情報発信ビジネスの概要についてお話します。

この記事にたどり着いた方は一刻も早く情報発信を始めたほうがいい方たちだと思います。

このビジネスに興味関心を抱いている時点で何らかのコンテンツを持っている可能性が高いからです。

出し方次第でお金になるコンテンツをあなたは既に手に入れている可能性が高いです。

自分に価値を置くビジネス

まず、情報発信の基本なのですが、情報というのは操作スべきものです。

何かを隠すとか人を欺くというネガティブな意味で操作するというわけではありません。

情報を出す順番やその見せ方を最大限工夫スべきであるということです

映画のワンシーンや舞台役者さんは同じ台本、同じシナリオでも、何度だってその同じシーンを練習しています。

いいものを作ろうと必死に努力しています。

これと同じように同じ情報を扱うものとして情報発信というビジネスに真摯に取り組んでいくのであれば、情報はより多くの人により良いものとして見られるよう、ポジティブな意味で操作し努力していくべきなのです。

趣味ではなくビジネスなのですから、結果を追い求めることが「正しい」はずです。

そして、その情報発信ビジネスには2つの方向性が有ります。

  • 価値を自分に置くビジネス
  • 価値を他者に置くビジネス

この二つが情報発信の大きな分かれ目となります。

情報を何故発信するのか、情報発信に取り組もうとしているあなたはお分りですか?

答えは人によってそれぞれかもしれませんが、私は「信頼されるため」だと考えています。

見知らぬ誰かに信頼してもらうために情報を発信しているのだと考えています。

この「信頼」が誰に向けられるのかによって情報発信の形態が大きく変わってくるということです。

例えばこのブログ。

このブログは、私という個人を知ってもらうためのブログです。

アマゾン転売やウェブ集客、投資話から恋愛まで、いろんなトピックでこのブログには記事を投稿していますが、それらは全て私が語った私が役に立つと思う話なんです。

つまり、このブログに投稿された記事を読んで抱いたプラスの感情やマイナスの感情は全て渡しという個人に向けられるものなんです。

マイナスの感情が一定数を超えれば、2chに晒され、詐欺師扱いされ、炎上するかもしれませんし、プラスの感情が一定数を超えれば、素晴らしいお客さんに囲まれ素晴らしい仲間に出会って、ビジネスが加速していくことでしょう。

プラスにせよマイナスにせよ、このブログを通して発生した信頼や不信感と言った者はすべて「私が引き受けるもの」なんです。

こういったブログの運営形態を「個人メディア」や「ブランディング目的のブログ」と言います。

信頼が運営者自身に向けられているものを自分メディアというのです。

言い換えるなら、自分以外に信頼が蓄積されていくメディアがあってもいいというわけです。

価値が自分以外にある情報ビジネス

例えばキュレーションサイト。

naverまとめはその典型的な例だと思います。

編集者は他者が執筆したものを上手にまとめているだけですし、大本の情報というのは全て他の人が集めてきたものです。

その集めてきたものを適切な形にまとめることによって、また新たな価値が生まれるメディアがキュレーションサイトと呼ばれているビジネスです。

その代表がnaverまとめです。

キュレーションサイトには信頼という概念がありません。

なぜなら、編集はそのまとめを作った特定の個人ではなく、まとめの一つ一つを構成している記事に向いているからです。

既にある程度の信頼があるメディアに掲載された記事を改めてまとめなおしているだけなのですから当然といえば当然です。

自分に価値を置く方向性と、それ以外の何かに価値を置くビジネス、情報発信ビジネスにはこの2種類があるということを覚えておいて下さい。

あなたが取り組むべきビジネス

情報発信ビジネスの2種類の方向性を知ったことで、どういった人がどういう方向性でビジネスを展開していくべきかということが明確になったと思います。

より価値が高いと思われるものに信頼を集めていくことが情報発信ビジネスです。

自分の価値が高いと思った人は自分に信頼を集めればいいし、それ以外の何かのほうが価値が高いと思ったのならば、そこに価値を集めればいいのです。

何かの価値に信頼を集めていくことが情報発信ビジネスです。

やることは一緒なのですから、今すぐ始めてしまったほうが得だと思います。

それでは!