こんにちは、ウシジマです。

今回はアマゾン転売で在庫抱えすぎて困ってる人向けの記事になります。

かな~リ役立つ内容なはずなので、少しだけ時間を割いて読んでみて下さい。

売れない原因

一応確認ですが、売れると思って仕入れたはず、ですよね。

モノレートやkeepaなんかでランキングのハネを確認しつつ、実店舗やネットショップ、フリマアプリやオークションサイトで商品を仕入れてるって方がほとんどだと思います。

僕もそうですし。

つまり、仕入れた商品ってのは基本的に売れるはずなんですよね。

型番違いやマイナーチェンジのJAN違い商品なんかでない限りは仕入れミスで売れないってことはありえないはずです。

となると、仕入れた商品が何故思ったように売れないのか。

仕入れ段階でミスが無いにも関わらず、一体何故商品が売れないのか。

仕入れた後に何かが変わったからですよね。

売れるはずの商品が売れないのは何かが変わったから売れてないわけですよ。

では一体、何が変わったのか。

  • ライバルが増えて値崩れ
  • アマゾン在庫が復活
  • FBAで自己出品からカートが奪えない

ひとまず、僕が思いつくのはこの三つです。

一番多いのはライバルが増えて値崩れなんじゃないかなーと思います。

人気のゲームソフトだったり、レゴシリーズなんかの有名商品、実店舗チェーン店の一斉値下げ商品なんかは、ライバルのせどらーもリサーチしていることが多いので値崩れしやすいです。

仕入れた途端に値崩れする・・・・。

誰もがハマる罠じゃないかなーと思います。

僕もたくさん経験しましたし、僕の周りのせどり仲間も始めたての頃は同じようにぼやいていました。

見ている場所が同じだと、簡単に値崩れするんですよね。

特に初心者の頃は商品に関しての知識が少なく、一つ見つけるだけですげー大変って言う状態なので、仕入れても仕入れても値崩れってことが多いです。

やっと仕入れた商品を赤字で売りさばくっていう地獄みたいな時期がどんな人にもあるんですよね。

短かったり長かったりは人それぞれですけど。

ただ、いずれにせよ、値崩れする商品を仕入れたくないのであれば、

  • 商品知識をひたすら増やす
  • 時期をずらす

のどちらかしかありません。

一つ目の商品知識を増やすに関しては言わずもがな、ですよね。

要はライバルがいない商品を見つけて独占すればいいわけです。

卸契約まで行ければ尚良し、ですよね。

ライバル不在の商品であれば、実店舗仕入れやネットショップからの仕入れでも、ライバルが不在であれば安定した利益が確保できます。

どちらにせよ超美味しいのが「ライバル不在」の商品なんですよね。

で、意外と語られていないのが2番めの「時期をずらす」という方法。

解消される値崩れと解消されない値崩れ

要はですね、値崩れには二種類あるんですよ。

  • いずれ元に戻ってくる値崩れ
  • 一向に戻ってこない値崩れ

の二種類があるんですよね。

やっと見つけた利益商品をなれない手つきで出品して、いつの間にかライバルが増えていたとおもったら最低価格が赤字ラインまで下がっている・・・・、なんていうことになって焦っているのは何も僕達だけではないんですよね。

周りの人全員が焦っているわけです。

だから商品価格が暴落するんですよ。

で、暴落すると更に売れ行きが加速するわけですよね。

さらに、周りが値段を下げると、その周りもまた値段を下げる値下げ合戦になるわけですよね。

つまり、ある程度時間をおけば相場が戻ってくるってことです。

恐怖や不安がお金になるという真実

刈り取り、というテクニックを聞いたことがないでしょうか。

アマゾンで売ってアマゾンで売るっていうアマゾン完結型のせどりのことです。

仕入先がアマゾンで販路もアマゾンっていうとんでもない形のビジネスなわけですが、これがまぁ、結構儲かったりするんですよね。

一時期はそれをメインに情報発信をしている人がいたくらい、話題の手法でした。

で、なんでこういうことができるのかって言うと、売り投げしている人がアマゾンに多くいるから何ですよね。

FBAや自己出品のセラーだけでなく、倒産品の買い取りなんかもアマゾンは手がけています。

誰かがさばけなくなった商品を相場よりも遥かに低い価格で提供していることが、アマゾンという巨大プラットフォームでは割りと日常的にあるわけです。

そういった商品を刈り取って、相場が落ち着いてきた頃に時間を置いて出品する、こういうビジネスが一時期は流行していたんですよ。

時間をずらす事によって儲けていたわけですよね。

同じ商品でも時間をずらせば価格は変わります。

当たり前ですよね。

暴落している商品なんかは尚更。

供給過多で恐怖に後押しされた値下げ合戦に冷静に参入すればそこには利益の種が眠っているというわけです。

恐怖ってカネになるんですよね。

まあ、これはせどりとか転売に限った話ではありません。

受験とか美容とか健康とか、大なり小なり「あの人にみたいにはなりたくない」っていう強い思いが購買動機になっているビジネスが世の中にはたくさんあります。

何かをセールスするときに絶対必要なコンプレックスへの理解について

気が向いたら読んでみて下さい。

貧乏人は一生貧乏

つまり、ですよ。

ライバルが増えたときに価格改定に待ったをかけられる人が生き残るんですよ。

仕入れたときに販売価格は決めるべきなんですよね。

値下げ幅や利益幅まで含めて、仕入れた段階で決めるべきです。

勿論、どうしても売れ残る商品ってのは人間である以上誰でも出てきますよ。

半年ぶりにアマゾンの在庫が復活したとか、調子に乗って仕入れすぎちゃったらライバルも相乗りしてきたとか、そういうことは誰にでもあります。

ただそのときに焦って価格改定するかどうかで、その後の運命が大きく別れるということです。

恐怖に耐えられない人ってのは一生貧乏なんですよ。

焦って価格改定しちゃうから。

誰かが私を救ってくれるっていうシンデレラ願望があるから。

こういう些細なところで、その人の人間性が出てくるんですよね。

気をつけたいものです。

 

それでは!

ありがとうございました!