こんにちは。牛島です。

ブログアフィリエイト、興味を持っている方が多いみたいですね。

フェイスブック、ツイッター、ユーチューブ、ブログ。

数あるメディアの中でブログアフィリエイトが最もおすすめである理由、その決定的な事実をこの記事を閲覧していただいたあなたにだけ、こっそりとお伝えしようと思います。

日本で初めてブログが登場した年。

2002年がブログが一般の市民に普及した年だといわれています。

それまでは2chという掲示板サイトが有名でした。海外では4chというサイトですね。

2chは匿名の掲示板サイトです。

掲示板は誰かに何かを連絡するためのものです。

つまり2chや4chというサイトでの主役はそのサイトに書き込む「全ての人」なのです。

匿名という掲示板サイトの性質上、多くの人が本音を出し、普段は決して言えないことを気軽に言える井戸端会議的なコミュニティ、それが掲示板なのです。

そこに「信頼」という概念は皆無なんです。

お金を受け取るためには信頼が必要です。

「あなただから買いたい」

「あなたから買いたい」

そういった、特定の誰かへの興味や関心、安心感のようなものがなければお金は動かないのです。

その誰か一人への集中、つまりアイドル的な存在が生まれやすいメディア、インターネット至上、初めて、誰かが主役のメディアをコンセプトとして登場したのが我々が今使っている「ブログ」というものなのです。

ブログは「舞台」です。

見せたいもの、見せられる人、広告宣伝、ストーリーテリング。

集客、販売、アフターフォロー。

そういったビジネスに必要な要素のすべてが詰まっているもの、それが「ブログ」というメディアなのです。

ブログの利用者は2000万人を超えてると言われています。

2006年の話です。

「自分が主役のメディア」というコンセプトは日本中で普及しました。

世の中にはプロモーターという人がいます。

自分以外の誰かを主役にして、広めることが得意な人たちです。

巷ではマーケター、裏の人、仕掛け人、なんていうふうにも呼ばれていますよね。

僕もその一人です。

ブログだけを見ても2000万人、その他の有名SNSも比べれば、日本中の人々が、いや世界中の人々が、何らかの形で、一日のうちのかなりの時間をインターネットという目に見えない空間に注ぎ込んでいるはずです。

全世界を包括するような巨大な空間の中で、上手に駆け上がっていく方法を熟知している人たち、それがインターネットビジネスでプロと呼ばれるマーケターの人たちです。

お金を稼ぐこと、有名になること、そんなことはタダの入り口に過ぎません。

真実を知って下さい。

世の中がどのように動いているのか、人はどういったときに決断するのか、どういった人が何を求めどういうものにお金を払い、どういった人がどういった考え方で成功という階段を登っていくのか。

ビジネスをする上で誰もが思う疑問に、明確に応えられるようになって下さい。

その入口となるきっかけを、この記事、そしてブログでは提供していきたいと思っています。

他の記事も読んでみて下さい。

少しずつ、「真実」が明らかになっていくはずです。